スズキ イグニス 左リヤドア交換クオーターパネル鈑金

鈑金塗装修理事例

2000年に発売された「初代スイフト」は、海外では「イグニス」という名前で販売されていました。
その後、2016年に現行の「イグニス」が発売されました。

ちなみに80~90年代の「カルタス」という車は、海外では「スイフト」と呼ばれていたそうです。

 

今回は仙台市若林区の自動車整備工場様から
スズキ FF21S イグニスの鈑金塗装のご依頼を頂きました。

修理内容は左リヤドア交換、左クオーターパネル鈑金になります。

過失割合10:0の被害者側で、相手方の対物保険で全額支払われます。

 

リヤドア中央から当たって、クオータパネルまでへこんでいます。
スタイリッシュなブラックカラーのホイールには、幸い損傷がありませんでした。

ドアはまずまずの損傷でしたので新品交換することにしました。

クオーターパネルは鈑金して直します。

ホイールハウス(タイヤとボディー間にある空間)にもヘコミがありますので鈑金します。

左クオーターパネル叩いて形を作ったらパテで形を整えます。

リヤドアを新品交換しました。

ドアの新品部品は、基本的には色が塗られていない鋼板になりますが、まれに外装色が塗装されてくる事があります。(大型トラックのドアで、白いボディ色が塗られていて、尚且つ、小窓が貼り付けてある、新品部品を見たことがあります)。

 

塗装して部品を組み付けたら完成です。

クオーターパネル上部にある、斜めの三本ラインの塗装もばっちり決まり、とても綺麗に直すことが出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました