熊本豪雨から一か月 山形豪雨から一週間

災害・防災

今日8月4日は、熊本に甚大な被害をもたらした豪雨災害から一か月、
山形県の最上川が氾濫した豪雨災害から一週間が経ちました。

令和2年7月豪雨災害で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

気象庁は7月3日から31日までの一連の豪雨を令和2年7月豪雨災害と名付けました。

気象庁|報道発表資料
気象庁の報道発表資料です

連日、各地で川の氾濫が発生し多数の人的被害、浸水被害が発生しました。
各地で土砂崩れが相次ぎ、道路が寸断され集落が孤立した所もありました。

この様な災害にも関わらず、山形県の最上川の氾濫では死者や行方不明者が出ませんでした。

なぜ人的被害が無かったのか?

  1. 早期避難指示
  2. 住民の危機意識の高さ
  3. 明るい内に避難した

このような事が人的被害が無かった要因と考えられます。
ただし1.と2.は3週間前に熊本県の球磨川の氾濫があり、自治体、住民が強い危機感を持ったからだと思われます。

今回は、日中から川の水位が上がってきたので、明るい内に避難することが出来ました。

しかし災害はいつ起こるかわかりません。夜中の避難は非常に危険で、豪雨の状況では視界が悪く雨音で音も聞き取りづらいです。

なので、空振りでも良いので、暗くなる前に早目の避難をするようにしましょう。

すでに暗い時に避難する状況の場合は、建物の一番高い所に避難する「垂直避難」するようにしましょう。

避難の心得 水害・河川氾濫編
河川の水が溢れるような水害が起きる恐れがあるときの避難をどうするべきか。

7月の台風発生は有りませんでしたが、8月は台風が発生することが予想されています。

大きな災害は被害を食い止めることは出来ませんので、ひとりひとりが命を守る行動を取ることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました